父の言葉

父は51歳で病気で亡くなりました。 私が15歳の時でした。
父親は親切で、もの静かで、細くて背が高く、誰とも喧嘩したことがありませんでした。父の仕事は農業で、とても勤勉でした。私は父が36歳の時にできた末子なので、特に可愛がられていました。
子供の頃、おもちゃはありませんでした。父は家具を作る時に大きな木から小さな木片を切り取ってくれて、それを私に渡してくれました。私は木製のブロックを使っておままごとをしました。
父は読書と勉強が好きです。喫煙と飲酒はしません。彼はお金を節約して、さまざまな農業の本や辞書を購入しています。彼の影響を受けて、私も読書が好きで、小学の頃に有名な三国志演義、水滸伝、西遊記と紅楼夢を読んでました。
父はあまり話をしませんでしたが、困ったときはいつも行動で説明してくれました。ある日私が庭で加圧水を使っていたときに誤って手押しポンプにネジを入れてしまってそれを見つけられないとき、父が部屋から出てきて、てこの原理で圧力ハンドルを持ち上げ、簡単に落ちたネジを見つけた。彼はにっこり笑って、
こう言った:半径10メートル以内に、いくらでもアイデアが転がっていますよ。父がこの言葉を言ったときの優しいスマイルを今でも覚えていますし、勉強や仕事をする中で、観察することや考えることを学び、さまざまな角度からさまざまな風景を見つけました。
2020年6月21日は父の日です。世界中のすべての父親が幸せな休日を過ごせることを願っています。

コメントを残す