日中ビジネス文化:集団意識VS個人重視

日本人の集団意識が強い。いい意味で協調性、団結性が強いというが、悪い意味で皆あまり個人としての責任を負いたくないと指摘されている。

日本人の中国ビジネスではよく「石橋を叩いて渡るので決断が遅い」といわれることがあるが、逆に中国人は「走りながら考える」「やりながら軌道修正する」ことに慣れているので、何かを始めるとき、いざ蓋を開けてみると「何の準備もできていなかった」ということがある。

中国の商談の場合、進行しているビジネスの行方をはっきりさせ、問題(ネック)があればその場で議論を尽くして解決方法を探る。中国人にとって物事は白か黒か二つの選択しかないため、粘りか妥協するか辿り着きやすい。

 日中両国のビジネス慣習が違うから、どちらが優れるかどちらが駄目かというわけでもない。それぞれの長所と短所があるから、やはり地道にコミュニケーションを取りながら、お互いに理解し合えるよう商談を進もう。場合によって、日本側もトップダウンで迅速に動くことが必要だろう。

コメントを残す