進化している蚊

私はとても蚊に刺されやすく、他の人と同じ場所にいても必ず私だけ何か所も刺されるんです。
毎年蚊と戦ううちに、蚊の凄さをまとめてみました。

●適応能力持つ。通常、マンションの3階ぐらいまでが限界ですが、蚊はエレベーターに乗ったり、私たちの体にくっついて堂々と玄関から入り込みます。

●音がしない。昔みたいに夜中に耳元でプ~~ンとやってくる蚊が進化して静かに飛ぶことができます。

●瞬間移動できる。蚊の体が小さくなっている気がするし、動きも俊敏になって、時速120kmほどあるらしい。

●人間の視覚を意識する。つまり、人間の見ていない箇所、「ふくらはぎ」「ひじの後ろ」「二の腕の後ろ」時には、「まぶた」
朝起きたら、まぶたが腫れて、仕事にも行くのも恥ずかしい。

●化学武器が持っている。吸血中に、血液が固まってはいけないので、蚊は自分の唾液で麻酔と抗凝固剤を作ります。
このスペシャルな唾液が人間の皮膚にアレルギー反応を起こして、カユみ、赤みなどの非常に不愉快な症状を引き起こすのです。

●死なない。叩いて死んだと思ってティッシュで摘もうとしたらうまく摘めずそのまま逃げ去ってしまうことよくあります。

あんな小さな体にここまで進化して蚊に脱帽ですよね。
でもね….蚊は大っ嫌いやんね!

コメントを残す