立って仕事して健康も、業績もアップ!

座りっぱなしの姿勢は体に良くない。疲労も蓄積する。仕事の効率も低下する。それではいい発想も生まれにくい。

仕事の種類によっては、立ってしたほうがいい場合もある。使う人のコンディションや仕事に応じてデスクの高さを変えられれば、立ったり座ったり自由な働き方ができ、健康にも生産性にもいい効果が期待できる。
そういうコンセプトで開発されたのが身長に合わせて天板の位置を変えられる自動昇降式デスク。
オフィスの中、立って仕事をしている人もいれば、座って仕事をしている人もいる風景が当たり前になっていけば、もっと日本の企業も元気になれるかもしれない。
また「昇降デスク」を持っていない私のオフィス:椅子、モニター、キーボードの高さ調整したりして健康管理:

コメントを残す